古本買取のお店を活用して小説を読もう

私は、膨大な量の本を読みます。ですから、本を全て新刊で買うわけにはいきません。全て新刊で買っていたら、お金がものすごくかかってしまうからです。ですから、できるだけ図書館で借りたり、古本屋で買ったりしています。私がどんな本を読むかといえば、ビジネス書や小説が多いです。他にも、おもしろそうな本があれば、ジャンルを問わずに読みます。ビジネス書でしたら、図書館にたくさんあります。ですから、ビジネス書は図書館で借りることが多いです。小説も図書館にたくさんありますが、なぜか汚れていることが多いので、あまり借りません。それに、小説を読むときは、じっくりと時間をかけて読むので、買って読んだほうがいいのです。図書館で借りると、返却期限までに返さなければなりません。時間に追われて読むのは好きではないのです。

小説は、新刊以外は古本屋で買うようにしています。あまり繰り返して読むことがないので、読んだら古本屋に売ります。こうすることにより、本代をかなり浮かすことができます。時には、買った価格と同額で売れることがあります。買った古本屋と同じ古本屋で売っているので、なぜ売値と同額で買うのか不思議です。とはいえ、こういったことはまれです。ほとんどの場合は、買った金額よりも安く売れます。それでも、読まない本が家にあるのは邪魔なだけですから、安くても売れればありがたいです。小説の新刊は、図書館にはありませんし、古本屋でも売っていないことが多いです。売っていても、値段が高いです。ですから、どうしても読みたい新刊は、普通の本屋で買うようにしています。最近、私は小説の新刊を高値で買い取ってくれるお店を見つけました。そこは古本買取の専門店ではなく、普通の本屋です。以前は、古本買取は行っていませんでした。なぜ古本買取を始めたのかというと、それは古本屋に対抗するためでしょう。私としては、新刊を買っても高い値段で売れるので、とてもありがたいです。古本買取のお店は、たくさんあります。そのお店によって、同じ本でも買取価格が変わります。

それも、大きく変わります。ですから、どのお店がどの本をいくらで買い取るのか、という情報を知っておくと便利です。情報を知っていれば、ほしい本を我慢しなくてもいい場合が出てきます。私のようにたくさん本を読む人は、古本買取のお店をチェックして、おおいに活用するべきです。古本といっても、最近の古本はきれいですから、ほとんど新品と変わりません。古本屋を活用するようになって、私の読書生活は充実したものになりました。。

コメント